うつ症状で悩んでる時は|セロトニンのサプリで憂鬱な気分を解消|元気になれるヒント

セロトニンのサプリで憂鬱な気分を解消|元気になれるヒント

うつ症状で悩んでる時は

カウンセリング

医師の診察を受けましょう

一般的に、うつ病には、セロトニンという名前の神経伝達物質が大きく関係していると言われています。セロトニンは、モノアミノ神経系と呼ばれるホルモンで、人間の脳内で生成される物質であることがわかっています。必須アミノ酸の一種であるトリプトファンから、5−水酸化トリプトファンという成分を経て、セロトニンになります。この成分が不足すると、脳の前頭前野の働きが鈍くなり、思考停止、意欲の低下、社会適応性の低下、認知の歪みなどの精神症状が起こります。これらの症状は、うつ病の所見と一致します。現在、病院で行われているうつ病治療は、SSRIという名前のセロトニン再取り込み阻害薬を投与する方法が中心になっています。簡単に言うと、情報伝達の役目を終えたセロトニンの再取り込みを防いで、セロトニンの脳内残存量を増やす方法です。わざわざ病院へ行ってそんな薬を処方してもらわなくても、トリプトファンがたくさん含まれている食品やサプリを大量に摂取すればよいのではないかと考える人がたまにいます。確かに、その方法でもうつ症状を改善することができますが、トリプトファンの過剰摂取によりセロトニン症候群が発生する可能性があります。特に、サプリを飲んでいる人は、その手軽さが仇になってしまう可能性があることを十分に認識しておくことが大切です。良かれと思ってやったことが裏目に出てしまっては意味がありませんので、安易にサプリに頼ったりせず、病院で医師の診察を受けるようにするのが最善の方法です。

治療薬の服用

病院でうつ病治療を受けたいと考えている人は、精神科や心療内科を受診してみるとよいです。大きい病院に行った方が良い治療を受けられると思い込んでいる人が多いですが、小さなクリニックの中にも高い評判を得ているところがたくさんあります。大きな病院は診察の待ち時間が長いため、とても疲れてしまいます。待ち時間のことを考えただけで病院に行く気持ちが失せてしまうという人は、完全予約制の個人クリニックを利用した方がよいです。先程サプリの過剰摂取の危険性に少し触れましたが、医師の監督の下でサプリを摂取するのであれば、何の問題もありません。要するに、サプリと薬のダブル摂取でセロトニンの分泌量が増えすぎることが問題なのですから、医師とその点をしっかりと相談していれば問題ないでしょう。ストレスや過労が原因でうつ病を発症する人が多いですが、それらの原因を根本的に取り除くことは簡単なことではありません。そもそもうつ状態に陥っていては、原因を解決する気力など湧いてこないのが普通です。そのような時は、精神科や心療内科を受診して、セロトニンの分泌量を増やす治療を受けるのが得策です。適切な量のセロトニンが体内に存在していれば、精神が安定して、生きる意欲が湧いてきます。たまに、これといった理由もなく薬に対して拒否反応を示す人がいますが、適切な量を使用している限り、最善の治療方法になりえます。